タバコを吸う人が賃貸物件に住んでいる場合には、退去時には壁紙を張り替える費用が発生する可能性がある

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。
メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

タバコを吸う人が賃貸物件を退去する時には

タバコを吸う人が賃貸物件から退去する時には、タバコのヤニが原因で部屋のクリーニング費用が高くなってしまう事があるそうです。賃貸物件は、次の入居者の為に汚れた壁紙を張り替えなくてはならない分、費用の負担が発生してしまうのです。ただし、タバコを室内では吸わずにベランダで吸うようにしていれば室内にタバコの煙が充満せずに壁紙を汚さずにすみますし、冬は外でタバコを吸うのは寒い、夏は虫が気になるなどベランダで吸うのではなく室内で吸いたい場合には、換気扇の下で吸うようにすると、壁紙を汚れがつきにくくなるかもしれないそうです。また、部屋が複数ある場合には、タバコを吸う部屋を決める事によって、壁紙を汚してしまう部屋を最小限に防ぐ事ができ、必要最低限の張り替えで抑える事ができそうです。1Rや1Kの場合には、廊下やキッチンが扉で仕切れる場合には、扉を閉めてタバコを吸う事によって、ヤニの流れを少しでも防ぐ事ができます。

ヤニは、タバコの煙によって天井や壁紙にくっついてしまう為、防ぎきれるものではなく、吸う場所を決めたり、外で吸う事を徹底する方法しかなく、全ての部屋で吸っていると、退去の時に全ての部屋の壁紙を張り替えなくてはいけなくなるという事になりかねないので、費用を抑える為にも、徹底しておいた方が良いそうです。日常生活においての自然損耗の費用負担は、貸主が負担するというガイドラインがあり、タバコのヤニについての対処は貸主なのか、借主なのかの意見は分かれているそうですが、いざ借主に費用が発生しても心掛けをしておく事によって費用を最小限に抑える事が出来るのです。


Copyright(c) 2017 メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。 All Rights Reserved.