賃貸住宅は一般的に内装変更は出来ない契約となっていますが、そんな固定概念を取っ払った新しい賃貸住宅について

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。
メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

自由度か増した賃貸住宅

賃貸物件は借主の自由に内装をカスタマイズ出来ないという自由度の無さがデメリットの一つに挙げられていますが、昨今のそういったカスタマイズのニーズを受け入れたサービスが話題となっています。それは原状回復義務の免除と、リフォームの期間の家賃が無料という画期的な賃借契約となっています。このサービスはUR都市機構が供給するものであり、借主はリフォームをすることが前提で賃貸住宅を契約するという条件になります。

通常は賃貸物件を借りた際に、借主が壁紙や床を自分の好きなように変更することは認められず、仮に変更した際には借主の責任で退去時には元の仕上げを復旧しなけらばなりません。その際には敷金の中からその費用を取られることもあり、借主のカスタマイズニーズが阻害されていたという状況でした。しかしリフォーム前提で賃貸物件が借りられ、しかもリフォーム工事期間の家賃も免除されるというメリットは非常に大きく、入居希望者も他にはない魅力を感じているそうです。

事業者側も、貴重なストック住戸を費用をかけずして、思い思いの内装工事を借主にしてもらえるため、物件自体に活気が生まれ、新たな入居者獲得のツールにもなるので、双方にとってメリットがあると言えます。今後の賃貸物件は何か強いコンセプトがないと入居者を獲得できないという厳しさがある中、こういった画期的なサービスは流行る傾向にあるでしょう。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。 All Rights Reserved.