賃貸の管理会社と保証会社が精鋭化することで、オーナーにも得するシステム構造が構築されています。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。
メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

賃貸の管理会社と保証会社の関係とは?

賃貸で管理をオーナーから任されている会社というのは、本業に資産を集中しようとしている傾向があって、保証関係の業務を専門の会社に、任せる傾向が強くなってきたりしています。そのために、その住み分けがはっきりしてきているところもあって、賃貸の管理会社というのが、入居審査・家賃回収業務・賃貸管理を行い、その賃貸管理において、年々その手法をレベルアップしてきているところがあって、それとともに、保証会社の方も、滞納家賃保証システムを提供して、審査や保証人代行業務を担当したりしています。このような住み分けをしつつ、保証業務をさらに進化させようとしているところがあります。

それに、このような住み分けというのは、その業務自体を精鋭化させていることで、いろいろなメリットが出てきたりしています。それは、借主としては、煩わしい連帯保証人を探す必要もなくなり、そして、オーナーさんは、家賃の滞納に振り回されることなく、安心して、賃貸業務をまかせることができます。さらに、仲介会社である管理会社にとっても連帯保証人が確保されることで、営業窓口というのが広げられるということで、どの人にもお得にいろいろなものが、回っているシステム構造が出来上がっていることにあります。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。 All Rights Reserved.