賃貸物件に住むことで起こりうるトラブルは、生活音によるものであるので重点的に調べることが大切です。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。
メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

賃貸物件の下見では音漏れを要チェック

賃貸物件に住んでから起こりうるトラブルで一番多いのが騒音トラブルです。騒音は大きな音だけではなくかすかな音が原因でもトラブルに発展する場合があります。隣人はどんな性格わからないので、細心の注意を払うことが大切です。

物件の下見の際には壁をノックして厚さや材質を確認します。高くて軽い音がすれば壁が薄いことを表します。重くて低く壁が硬い印象を受ければ壁が厚いことを表しています。木材であれば音漏れを完全に防ぐことは難しいので、必ず鉄筋づくりの物件を選ぶことが大切です。どれだけ壁が薄かったらどれだけ音が隣の部屋に聴こえるのかは具体的にはわかりません。物件の下見の際には、隣が空室かどうかを聞いて空室であれば部屋に入って携帯電話を鳴らしてどれだけ聴こえるか確認することが大切です。いい暮らしの実現はトラブルを未然に防ぐことが絶対条件であるので、妥協せずに調べることが大切です。物件の資料には木造か鉄筋づくりか記載されているので、他の項目によっぽどのこだわりが無いのであれば、必ず鉄筋づくりの物件を選ぶことが大切です。鉄筋であれば壁を叩いても音が伝わらないことも多いです。ただし、風呂場からは音が聴こえるなどの、特定の場所からは音漏れしやすいことがあります。


Copyright(c) 2017 メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。 All Rights Reserved.