賃貸物件を借りる際に必ずかかる火災保険料は、不動産会社と管理者の利益に関係が無いので交渉が成功しやすいです。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。
メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

賃貸物件の保険料は値引き出来るのか

賃貸物件の契約の際には少しでも負担を減らそうと値引き交渉をすることが大切です。値引き出来る項目と出来ない項目があるので見極めて交渉をします。一般的には礼金と仲介手数料と家賃が値引き交渉出来ると考えられており、中でも家賃は少しでも値引きが成功すれば一年で考えるとかなり得になります。礼金は出来れば交渉は避けた方がいい項目です。お礼金であるので感謝の気持ちとなる金額を値引き交渉してしまうと、管理者の心象が悪くなる可能性があります。

では、火災保険料は値引き交渉出来るのかというと、最も値引き交渉しやすい項目です。理由は火災保険料は直接不動産会社と物件の管理者の利益に関係の無い項目だからです。つまり、いくら値引きをしたとしても利益が減る訳ではないので、火災保険料の値引きによって物件の契約が締結するのであれば喜んで値引きしてもらえます。値引きは火災保険の会社を変更することによって実現します。申し込みの手間は管理者が負担してくれるので、あくまでも謙虚に丁寧に頼むことが大切です。会った時にいい印象を与えていれば喜んで手続きをしてくれます。相場は15000円から20000円程度で2年毎の支払いなので、契約更新時にもう一度支払います。


Copyright(c) 2017 メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。 All Rights Reserved.