賃貸物件の契約時に必要な連帯保証人がいなければ、保証会社に依頼して契約することになります。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。
メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

賃貸物件の契約で連帯保証人がいない場合

賃貸物件の契約では必ず連帯保証人が必要になります。連帯保証人は契約者と同じ扱いを受けるので、契約者が家賃を滞納しているかどうかに関わらず家賃を請求することが出来ます。しかし、一般的には契約者が家賃を滞納しなければそういった請求は来ません。

連帯保証人は契約者と同義であるので、親や兄弟になってもらうことが一般的です。しかし、あらゆる事情によって連帯保証人になってもらえない場合は保証会社に依頼します。保証会社は親族の代わりに連帯保証人になることによって利益を得ています。親族がいなくても連帯保証人は確保出来るので安心して物件を探すことが大切です。保証会社によって審査内容や保証期間やそれにかかる料金が異なりますが、ほとんどの場合は不動産会社が紹介する保証会社を利用します。これは不動産会社が取引をしている保証会社であるので、不動産会社にバックマージンが入ります。高い保証会社だとしても連帯保証人がいなければ契約出来ないので、諦めて依頼することになります。料金の相場は2年で家賃の25%から30%程度です。家賃が10万円であれば2年契約で25000円から30000円程度かかります。初期費用に加えて資金不足にならないようにしておくことが大切です。


Copyright(c) 2017 メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。 All Rights Reserved.