今日では賃貸住宅の保証人を頼めない人が多くなり、保証人の代行というシステムの役割に注目が集まっています

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。
メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。

連帯保証人がいない場合の賃貸は可能?

賃貸住宅を借りるときには連帯保証人が必要になりますが、意外に頼める人がいない場合があります。たとえば親が定年を迎えて収入がなくなった、あるいは兄弟とは疎遠になっている、などの場合は頼める人がいなくなります。一般的には連帯保証人として相応しい人は、本人との続柄で2親等以内が望ましいとされています。祖父母、親、兄弟、子、孫が対象になりますが、一人で都会に出て来て寮などに暮らしていて、親戚関係とは疎遠になっている人の場合は、新たに住宅を借りるからと言っても、頼みにくいことが多いかも知れません。保証人制度の役割は、借り主が家賃が払えなくなった時に、代わって支払うことなので、友人や上司などでは関係性が弱いとみなされるようです。ましてや連帯保証人の場合は、未払い分が発生した場合に、本人の意思とは無関係に請求される立場のため、引き受けてもらえないことが多いようです。

こんな場合は、連帯保証人の代行を賃貸保証会社に委託する方法があります。料金は1ヶ月の家賃を基準に、50%程度で、最低額(3万円など)を設定しているところが多いようです。最近では、保証会社がクレジットカードを発行し、それで家賃を支払えば、連帯保証人は不要というシステムもあるようです。借り主は家賃を支払うごとにポイントもたまるということで、貸借両者にとってメリットのあるシステムとも言えます。保証人制度というものが、今の時代に相応しい制度かどうかが、問われることになるかも知れませんね。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 メゾネットタイプの賃貸物件で快適ライフ。 All Rights Reserved.